スタイリスト大草直子さんが指南
“ちょうどいい”大人カジュアル塾

Vol.7「ストール」投入で秋へシフト

大人気スタイリスト大草直子さんが「大人のカジュアル」についての悩みに応えてくれる人気連載も今回で7回目。
9月に入り、そろそろ秋支度を始めたい時期におすすめのアイテムを教えてもらいました。



Q. 少しずつ秋ファッションを始めたいのです。何から買えばいいでしょうか。

A. 晩夏から秋への端境期は「ストール」が一枚あると便利です

入力ください
「ウールやカシミアのストールというと冬の寒い時期にぐるぐるっと巻いて…というイメージもありますが、秋への端境時期にも重宝するアイテム。たとえば、まだ日中は暑さの残る初秋なら、シャツやTシャツにライトアウター代わりのストールを一枚。ウール素材のものをひとつ纏うだけで、ぐっと秋らしい雰囲気になりますよね。さらに秋が深まってきたらニットにストール、冬はコートの上に…と長く愛用することができます。一枚選ぶとしたら、こんなネイビーの一枚はどうでしょう。端正な深いネイビーならカジュアルはもちろんですが、通勤など少しオフィシャルなシーンにも取り入れやすいですよ」
入力ください
「シンプルな無地のストールに見えて、実はウールとエコスエードのコンビになっていて、巻いたときに重なる質感の違うネイビーが着こなしに奥行きをプラスしてくれます。『fuladd(フラード)』という今秋誕生したばかりの新しいストールブランドのもので、素材も日本で調達して、生産も日本国内という、まさにメイドインジャパン。長さも幅も大きすぎず、巻きやすいサイズ感なのも日本のブランドだからこそ。異素材コンビになっているなど、シンプルな中にも少しスパイスが効いていて、大人にとってちょうどいいさじ加減のアイテムが揃っている注目のブランドです」