スタイリスト大草直子さんが指南
“ちょうどいい”大人カジュアル塾

Vol.2 やっぱり頼れる“ワンピース”

大人気スタイリスト大草直子さんの新連載がスタート! AMAN ONLINE STOREのサイトやInstagramをご覧いただいている方々から寄せられた「大人のカジュアル」についての悩みに答えていただきます。第2回目は久しぶりにちょっとおしゃれして出かけたいときに、おすすめのファッションです。



Q. 久しぶりに友人たちとランチをすることに。気張りすぎず、でも少しおしゃれをして出かけたいのですが、どんなファッションがいいでしょうか?

A. 頼れるのはワンピース。大げさにならないコットン素材がおすすめです

  • 入力ください

  • 入力ください

「少しおしゃれをして出かける。そんなときに頼りにしたくなるのがワンピース。たとえばLachement(ラシュモン)の一枚は、背中が大胆に開いたデザインで、たっぷりとしていてとてもラグジュアリー。ゆとりあるシルエットは、そのまま大人の余裕を感じさせてくれます。ただコットン素材なので、大げさになりすぎず、ちょっとおしゃれしてお出かけしたいときにもいいですし、リゾートで着るにもおすすめです。肌見せって、大胆にされているほど、フレッシュだしヘルシーに映るもの。私は肌見せが好きなので、しっかり背中を出していますが、黒のキャミソールやベアトップ、バンドゥーを合わせて着ていただいても。ただし、素材はつるっとしたものではなく、マットなコットン素材を合わせくださいね。小物はより華やかに見せてくれるゴールドのバングルやブレスレット、着こなしに抜けを作ってくれる白✕ラフィアの小ぶりなバッグを合わせました」

入力ください


ワンピース<PROTAGONISTA
ギャザーワンピース BORDEAUX (ボルドー)  ¥37,400(税込)

バッグ<A VACATION
KIKI ペイズリーオレンジ  ¥66,000(税込)

シューズ<PELLICO SUNNY
DENIA 1.0cm トングサンダル BLACK  ¥29,700(税込)


ワンピースにビッグバッグ。新鮮なバランスでおしゃれを楽しむ


「前回、小さなバッグのお話をしましたが、真逆の大きいバッグも人気を集めています。上のコーディネートのようにワンピースに小さなバッグもいいですが、たとえばブラウンのワンピースに同系色のビッグバッグというのもとても新鮮です。A VACATION(アヴァケーション)らしいペイズリーのファブリックを採用したショルダーバッグ”KIKI(キキ)”は、ドラマティックなワンピースをほどよくカジュアルダウンしてくれるので、気負わずに着ることができます」

着用アイテム




    Profile – 大草直子

    エディター、スタイリスト
    1972年生まれ。東京都出身。大学卒業後、現ハースト婦人画報社に入社。雑誌の編集に携わった後、独立。ファッション誌を中心に大人の女性のためのスタイリングを提案するかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。2019年4月には新しいメディア『AMARC』を立ち上げ、2021年秋には紙媒体の『AMARC Magazine』を創刊。現在、6月発売予定の第2号を準備中。『飽きる勇気』『大草直子のSTYLING&IDEA』ほか著書多数。

    インスタグラム @naokookusa @naokookusa_styling @amarc_official

Styling&Model / Naoko Okusa
Photo / Keiichi Suto(Model)、Yuki Ueda(Still)
Hair&Make / Maki
Edit / Rina Koyama