スタイリスト金子綾さんが選ぶ、
この夏の名品LIST

揺るぎないおしゃれへのセオリーと、かといって頑なではなく、しなやかに変化を遂げる選びの視点。人気スタイリストの金子綾さんは、そのセンスの枠を超えた独自のファッション哲学にも、多くのファンが。AMAN ONLINE STOREで4回に渡ってお届けしてきた、綾さんが選ぶこの夏の名品をご紹介するこの連載。ラストを飾るのは、やはり綾さんが愛してやまない〝黒〟のワンピースです。



vol.04
PROTAGONISTAの黒ワンピース

入力ください

こんなにも〝黒〟を愛するスタイリストさんがいるだろうか。今回綾さんが選んだのは、ご自身の著書「黒のおしゃれ〜EVERYDAY BLACK!」(小学館刊)でも語っている黒の魅力満載のワンピース。「黒のロングワンピースは、直感的に好きなアイテム。そこに理由は、もはやなくて……。ずっと変わらずワードローブの中にあるものだけれど、最近は選ぶシルエットにちょっとだけ変化がありました。以前はIラインのものばかりを手にとっていたけれど、ここ最近はややAラインのものに惹かれるように」。

入力ください

「以前もこの連載で、〝女らしい〟よりも〝可愛げ〟を重視するようになったとお伝えしましたが、黒に関してはなおさら。年を重ねたことで、どうしたって見た目も態度も貫禄が出てきちゃうから、黒の強い部分が全面に出ると、本気で怖い(笑)。逆にちょっと甘いデザインも、黒ならイタく見えないというのもあります。このワンピースのたっぷりとした量感とAラインのシルエットは、まさに今欲している〝チャーミングな黒〟そのものです」。くるくると回るたびにふんわりと裾が揺れるのがなんともキュート。足元にはトング風の白サンダルで抜け感を出したのはさすが。

入力ください

綾さん曰く、黒は何も考えずに着てしまうと、無難になってしまう可能性もある色なんだとか。だからこそ、どう選んで、どう着るかを考えるのがおしゃれの醍醐味でもあるのだそう。「このワンピースはややハリがあって、今っぽいスミクロの色味も秀逸。どんなテイストの着こなしにもフィットする、シンプルなキャミソールタイプだから、今回はあえてワンショルダーのカットソーと重ねて、着こなしに表情をプラス。黒同士を重ねる時は、このように質感をかえることがポイントです」。レイヤードすることで、そこに意志が生まれ、ただの無難とは一線を画す技ありな着こなしに。

入力ください

PROTAGONISTAは水際アイテムが充実しているのも魅力のブランド。今回初めてPROTAGONISTAと出会ったという綾さんも、こちらのビーチウェアには釘付け。「スイムウェアは断然ワンピース派です。これはニット素材が新鮮。背中が大きく開いて肩紐がクロスするデザインで、後ろ姿もキレイ」。以前は大きな休みにはビーチリゾートに行き、水際でのんびりと過ごすのが大好きだったという綾さん。「今年の夏は海外には行けないから、都内のホテルのプールに行けたらいいな。カフタンをさらっと羽織って、プールサイドでゴロゴロとするのも楽しそう」

入力ください

この連載を通じて綾さんが選んだ夏の名品は、どれもベースとして綾さんが好きなアイテムばかり。「どんなに自分的鉄板アイテムも、その時の気分や体型や髪型や……ちょっとしたことで似合わなくなるものってある。そういう時は、その服はちょっとお休み。でも逆にちょっとした素材感やシルエットの違い、着こなし方で似合うものもはきっとあるから……。私自身もこれからもトライ&エラーでおしゃれを楽しんでいきたい」。自分の好きという軸はブレずに、今にフィットするものを探求し続ける姿勢がとっても素敵です。

BRAND

PROTAGONISTA(プロタゴニスタ)

ラテン語で「主人公」という意味のプロタゴニスタ。トレンドに関わらず、どんな着方でも自分らしく。〝タイムレス〟で〝ボーダレス〟で〝リラックス〟できるアイテムをシーズンごとにテーマを変えて展開。今季の主人公は生粋のアメリカンでミックスの血を持つニューヨーカー=「Nicky」。ヘルシーな美しさが魅力的でアクティブな趣味を持つ彼女はヨガやランニング、プールで遊ぶ時でもオシャレも思う存分楽しみたい。
アクティブとデイリー、両方のシーンで彼女が日常的に使っているアイテムが揃っています。

着用アイテム


参考アイテム



    PROFILE
    金子綾

    「oggi」など数多くの女性ファッション誌をはじめ、広告、カタログなどで幅広く活躍する人気スタイリスト。シンプルをベースとしながらも、程よくエッジが効いた抜け感スタイリングに定評あり。抜群の審美眼とセンスが光る私服にもファンが多数。自身のインスタグラム(@ayaaa0707)も17万フォロワーを超える。近著「黒のおしゃれ EVERYDAY BLACK!」(小学館)も好調。

STYLING・MODEL/AYA KANEKO
PHOTO/YUTARO YAMANE
HAIR&MAKE-UP/MAIKO INOMATA(tron)
EDIT/YUKIKO TSUKADA