わたしが今、欲しいモノ

「ずっと苦手だと思っていたものも、アイテムとの出会いで
克服できたりするからオシャレって楽しい」。
いくつになっても新しい発見があると語る、
ファッションモデルの蛯原友里さん。
全4回に渡ってお届けしている、蛯原さんがリアルに
〝着たい〟と心動かされたものをお届けする連載コラム。
最終回は、蛯原さんが苦手意識があったと語る
大人のボーダーについて、お届けします。



vol.04
「ずっと苦手意識があったボーダー。これで克服!?」

入力ください
チェック柄もそうでしたが、それ以上に苦手意識が強かったのがボーダーと語る蛯原さん。今年のボーダートレンド復活のムードを受けて、ちょっと気になってはいたんだとか。「ボーダーを素敵に着こなしている人は私の周りにもいっぱいいるのですが、私が着るとどうしてもほっこりして見える気がして」。なんでも着こなしてしまうイメージの蛯原さんに、苦手なものがあるとは驚き。

そんな中、このボーダーは見た瞬間に、これならいけるかも?と思ったのだそう。「ボーダーの配色が前と後・袖も左と右で違うアシンメトリーなデザインに惹かれました。実際に着てみると、体が泳ぐ大きめなサイズ感が絶妙で、どこか女らしい雰囲気に」。頭でイメージしていたよりも、着た方が断然可愛かったんだとか。

入力ください
「〝ボーダー=カジュアル〟なイメージがありましたが、これはそんな先入観を払拭してくれる一枚。ちょっとエッジの効いたデザインで、オシャレしてお出かけしたい日にもぴったりです」。光沢のあるネイビーのパンツと合わせて、シックにワントーンにまとめた大人っぽいスタイリングが素敵。足元を今年らしい白のサンダルで抜け感を作ったのもポイントです。
入力ください
他にも、蛯原さんがピックアップしてくれたのがこの2枚。「幅広ボーダーのグリーンは、色味がちょっとメンズライク。でも程よい抜け感のある首元だから、着ると女らしいというギャップに惹かれました」。襟もとが白なので、顔色がぐっと明るく見えるのも優秀。もう一枚はイレギュラーなボーダーデザインが新鮮。ややヴィンテージ感があるベージュのベースに、蛍光イエローがアクセントになった進化系タイプ。襟ぐりまでボーダーになった遊び心のあるデザインは、「着るだけでおしゃれに見えそう」。

着用アイテム


参考アイテム


 

Profile 蛯原友里

   

ファッションモデル。数々のファッション誌の専属モデルを経て、現在は「Marisol」のカバーモデル、「LEE」などの雑誌を中心に、
CM、カタログ、テレビのナビゲータとしても活躍。最近ではファッション・ライフスタイルアイテムのプロデュース・デザインなども手がける。
Instagram @yuri_ebihara



STYLING・MODEL/YURI EBIHARA
PHOTO/HIROYA NISHIZAKI(MOUSTACHE)
HAIR&MAKE-UP/YUKIO MORI(ROI)
STYLING SUPPORT/FUMIKO TOKUHARA
EDIT/YUKIKO TSUKADA